農協(農業協同組合)の総合情報

共済(きょうさい)の特徴

JA(じぇいえい)の建物更生共済(きょうさい)
《むてき》は、、火災の
際の家屋の損傷・倒壊、、
火災によるけが・死亡
だけではなく、、台風や
豪雨などの自然災害と
地震での保障も、、
すべて一つの共済(きょうさい)の
中に入っている、、幅広い
範囲の保障をしてくれる
共済(きょうさい)となっています。。

 

また、、それに加えて、、
災害などの際は、、
臨時費用共済(きょうさい)金、、特別費用共済(きょうさい)金、、
残存物とりかたづけ費用共済(きょうさい)金と、、
受け取る事が出来る
ので、、手厚い保障を
受ける事が出来ます。。

 

従業員の退職金
は中退共制度で。。

 

中退共制度とは 中小企業の
退職金を国がサポートします

 

ペットのための
医療保険(共済(きょうさい))の一つ
である、、アイペットクラブの
「うちの子健保」は、、
犬、、猫、、鳥、、フェレットを
対象とした医療保険(共済(きょうさい))で、、
治療費の保障が、、
最大で65%と言う高い
数値を掲げているのが、、
大きな特徴となっています。。

 

教職員共済(きょうさい)生活協同組合の
年金共済(きょうさい)では、、退職後の
年金の受け取りの際にも、、
各自のニーズに
合せて、、受け取り方法を
選ぶ事が出来るようになっています。。

 

教職員共済(きょうさい)生活協同組合の
年金共済(きょうさい)では、、
定額型・前厚型・逓増型
の3つから受け取り
方法が選べるようになっていて、、
それぞれ確定年金と
15年保障付終身年金が
選べるようになっています。。

 

JA(じぇいえい)の他のタイプの共済(きょうさい)と
同じように、、様々な特約が
オプションで用意されており、、
養老共済(きょうさい)と組み合わせる
事で、、入院や手術などと
いった医療分野での
保障や介護の保障など、、
更に幅広く保障範囲を
広げる事も出来ます。。

 

また、、中途給付特則付の
養老共済(きょうさい)と言うのも別にあり、、
そちらは3年又は5年ごとに
中途給付金として、、
共済(きょうさい)金を受け取る事が
出来るようになっています。。

 

定額型は名前の通り、、
基本年金の受け取り額が
一定の受け取り方法で、、
前厚型は、、
給付開始5年間が
倍の給付で、、それ以降は
半分の受け取り方法、、
逓増型が、、給付開始5年間が
定額で、、
それ以降毎年5%ずつ受け
取り額が増えていく受け
取り方法となっています。。

 

 

ペットのための医療保険
(共済(きょうさい))は、、各共済(きょうさい)団体に
よって、、治療費の保障率は
一律ではなく、、
変わってくるので、、ペットの
ための医療保険(共済(きょうさい))
選びでは、、治療費の保障率は、、
加入の決め手となる
大きな要素です。。

 

しかも、、これだけの充実の
保障内容でありながら、、
JA(じぇいえい)の建物更生共済(きょうさい)《むてき》は、、
掛け捨てタイプの共済(きょうさい)
ではなく、、満期になると、、
満期共済(きょうさい)金、、満期時割りもどし金、、
据置割りもどし金を受け
取る事が出来ます。。

 

都民共済(きょうさい)は、、満60歳から
満69歳までは熟年型、、月々2000円か4000円で
加入でき更に1000円から2400円の
掛け金をプラスして熟年特約
コースに加入ができます。。

 

こちらもがんや三大疾病など
の手厚い保証が用意されています。。

 

 

 

また、、都民共済(きょうさい)は新型
火災保険も用意されています。。

 

こちらの加入条件も東京
都内での居住か就労になります。。

 

 

JA(じぇいえい)の養老共済(きょうさい)は、、
死亡又は後遺障害に
なった際に(第1級認定必要)
大きな保障をして
くれる共済(きょうさい)で、、掛け捨て
タイプではないので、、
貯蓄性にも富んだ
共済(きょうさい)となっています。。

 

満了時に、、加入者の
生存が確認出来ると、、
満了共済(きょうさい)金として共済(きょうさい)金が
受け取る事が出来
るので、、本人の人生
設計や家族のための
資金として、、
手厚い保障を受けながら、、
貯蓄が出来ます。。

 

JA(じぇいえい)の定期医療共済(きょうさい)
「せるふけあ」は、、
加入年齢の対象を6歳から
49歳までに絞った、、若い
方にむけた医療共済(きょうさい)です。。

 

医師による診断も必要
がなく、、簡単な手続き
だけで加入でき、、
掛け金の少なさが
大きな特徴となっています。。

 

保険の内容は、、同じ
「せるふけあ」の“はなこ
・わんぱくまん”と
ほぼ同じ保障内容で、、
顔面損傷や骨折時の
共済(きょうさい)金も、、同じように
同額受け取る事が出来ています。。

 

満期共済(きょうさい)金の受け取りは、、
各自が指定された
年数の中で決める事が出来、、
各家庭の行事などの予定に
合せて受け取る事が出来るので、、
万が一の際に備えながら、、
人生プランを設計する
事が出来るようになっています。。

 

この新型火災保険は火災・
消防破壊・消防冠水・破裂・
爆発・車両の飛び込み・落雷など、、
かなり広範囲に保証対象が用意されています。。

 

 

 

もちろん、、都民共済(きょうさい)は余剰金は
割戻し金として戻ってきます。。

 

ほとんどの商品が自動継続
されるシステムになっているので、、
手間をかけることなく継続ができます。。

 

退職共済(きょうさい)年金は、、地方
公務員共済(きょうさい)も同じく、、
一般の共済(きょうさい)や老後基礎
年金では65歳からが通例なのに対して、、
60歳から特別に退職
共済(きょうさい)年金が支給され、、65歳からも通常の
退職共済(きょうさい)年金が受け
取れるようになっています。。

 

これは、、公務員の共済(きょうさい)
全体で大きなメリットになっており、、
これからますます増進
される高齢化社会においては、、
民間に比べて大変有利
な制度となっています。。

 

 

よって、、“カサイ”は、、保障
内容は広くなく、、短期更新の
ため、、掛け金がリーズナブル
なのが特徴となっています。。

 

出来れば“くらし”の加入が
お勧めですが、、住宅の融資
の火災保障と合せて、、
最低でも“カサイ”は、、任意で
加入しておきたい所です。。

 

その事からも、、アイペットクラブ
「うちの子健保」は、、高い
保障率で人気を博している
保険(共済(きょうさい))となっています。。

 

 

中小企業退職金共済(きょうさい)制度
(略称:中退共制度)は、、
昭和34年に国の中小企業対策の
一環として制定された
「中小企業退職金共済(きょうさい)法」に
基づき設けられた制度です。。

 

共済(きょうさい)年金とはどんな
年金なのでしょう?

 

日本の公的年金制度は、、
現在のところ、、3種類5制度に
分類され、、共済(きょうさい)年金とは、、その
3種類のうちの1つです。。

 

 

 

共済(きょうさい)年金は、、3種類があります。。

 

それは、、国民年金、、厚生年金、、
共済(きょうさい)年金の3つです。。

 

この制度の運営については、、
中小企業退職金共済(きょうさい)法に
基づき設立された独立行政
法人勤労者退職金共済(きょうさい)機構
(機構)中小企業退職金共済(きょうさい)事業
本部(中退共)が当たっています。。

 

地方公務員共済(きょうさい)とは、、
地方公務員共済(きょうさい)組合
連合会により運営されて
います。。

 

また、、地方公務員
共済(きょうさい)は地方公務員
共済(きょうさい)組合制度に沿って、、
地方公務員とその家族を
対象にした共済(きょうさい)で、、地方
公務員同士の
助け合いにより、、地方
公務員の生活の
安定を、、共済(きょうさい)年金という形で、、
一生涯に渡ってサポートしてくれます。。

 

全国共済(きょうさい)水産業協同
組合連合会(JF共済(きょうさい))の
火災共済(きょうさい)・カサイは、、
住宅や家財などが火災、、
落雷、、爆発などで被害を
受けた際に、、住宅や家財の
保障をしてくれる共済(きょうさい)で、、
同じ全国共済(きょうさい)水産業協同組合
連合会(JF共済(きょうさい))の生活総合
共済(きょうさい)・くらしと非常に似ているものですが、、
“くらし”が生活総合保障と
言う事で、、幅広く対応
しているのに対して、、
“カサイ”は、、あくまでも火災、、
落雷、、爆発などが保障
範囲となります。。

 

そして、、5制度とは、、共済(きょうさい)年金が
さらに3つに分類され、、国家
公務員共済(きょうさい)組合、、地方公務員等
共済(きょうさい)組合、、私立学校教職員
共済(きょうさい)となるため、、トータルで
5制度になるわけです。。

 

 

 

共済(きょうさい)年金とは、、国民年金に
上乗せする二階建ての
部分であり、、その点は
厚生年金と同様です。。

 

また、、“くらし”が満期型なのに
対して、、“カサイ”は、、1年
更新の短期型となっています。。

 

共済(きょうさい)年金の種類は、、国家
公務員や私学教員などの共済(きょうさい)と
ほぼ同じ内容になって
おり、、退職共済(きょうさい)年金、、
障害共済(きょうさい)年金、、
障害一時金、、遺族共済(きょうさい)
年金となっています。。

 

この事からも、、定額型が、、
公的年金に常に一定額を
上乗せをしたい方向け、、
前厚型が、、
公的年金が出るまでに
蓄えをしておきたい方向け、、逓増型が、、
先の事を考えて、、
年金収入を増やしたい
方向けの受け取り
方法という、、ニーズに合った
分け方が出来るようになっています。。

 

厚生年金と同じように、、
共済(きょうさい)年金に加入すれば、、
自動的に国民年金にも
加入したことになります。。

 

 

 

老齢年金としては、、
老齢基礎年金に加えて老齢
厚生年金が受け取れます。。

 

全国共済(きょうさい)水産業協同
組合連合会(JF共済(きょうさい))の
生活総合共済(きょうさい)・くらしは、、
住宅や家財などを、、
火災災害を中心に、、風害、、
水害、、地震などの自然
災害から幅広く守るための
共済(きょうさい)で、、決められた期間
の間、、掛け金を払い込んで
いく満期式となっています。。

 

よって、、満期時には、、満期
共済(きょうさい)金が支払われるよう
になっているため、、掛け捨てタイプではありません。。

 

 

 

保障率の高さだけではなく、、
他にも様々な保障・特典が
満載で、、
それに加え全ての病気に
対応しているので(狂犬病を除く)
加入後も安心してペットと
過ごす事が出来きるため、、
加入者の高い
顧客満足度を得ています。。

 

 

「せるふけあ」は、、
“はなこ・わんぱくまん”
が女性・子供向けの
共済(きょうさい)に対して、、
性別を選ばない共済(きょうさい)という
認識を持っていれば良いでしょう。。

 

また、、障害者になった場合
には障害共済(きょうさい)年金が、、本人が
死亡した場合には、、遺族に
遺族共済(きょうさい)年金が支給されます。。

 

手ごろな掛け金が特徴
でありながら、、死亡時の
共済(きょうさい)金が1000万円というのも、、
見逃せないポイントです。。

 

症状などの状態に
よっては、、共済(きょうさい)金の
対象外となる事もありますので、、
加入の際は、、必ず保険の
対象となる状況を理解して
から入るようにしましょう。。

 

県民共済(きょうさい)・都民共済(きょうさい)

 

共済(きょうさい)とは、、同じの地域に住む
人達や同じの職場・職業の
人々が共同で出資して、、万が
一の場合に備えて助け合う
ことを言います。。

 

簡単に安い掛け金で加入
できる共済(きょうさい)は魅力的ですが、、
高額な死亡保障が得られない
デメリットもあります。。

 

よって、、大きな保障を望む
場合は、、生命保険会社の
商品とうまく組み合わせる
必要があります。。

 

 

県民共済(きょうさい)は、、全国47の都道府県
の内26の都道府県で取り
扱っています。。(東京都は、、都民
共済(きょうさい)と言われます。。)

 

県民共済(きょうさい)・都民共済(きょうさい)の特徴

 

加入方法が簡単で掛け金が安い
加入に際して診断書を提出する必要がない

 

日本郵政公社共済(きょうさい)組合の
障害共済(きょうさい)年金は、、組合員が
組合員でいる間に、、
病気やケガなどにより、、
障害等級の1級から3級
までの認定を受けた組合員に、、
一般の年金と同じように
65歳から支給される共済(きょうさい)年金です。。

 

それ以外の障害等級でも、、
障害一時金としてで
あれば支給される事もあります。。

 

日本郵政公社共済(きょうさい)組合の
障害共済(きょうさい)年金の大きな
特徴は、、加給年金額が
適用になる事で、、
加給年金額とは、、障害
共済(きょうさい)年金の対象となる
組合員に(1級と2級取得者のみ)、、
共に生計をしている65歳
以上の配偶者がいる場合に、、
障害共済(きょうさい)年金に加算して
支給が出るものの事で、、
年によって若干の推移は
ありますが、、約23万円
くらい加算されて支給されます。。

 

民間の生命保険会社の
場合、、健康診断書や医師に
診査を受けたりしなければ
いけませんが、、共済(きょうさい)の場合は
書面での自己申告です。。

 

掛け金が安い理由は、、生命
保険会社が営利目的に対して
共済(きょうさい)は非営利事業だからです。。

 

 

全国共済(きょうさい)水産業協同組合
連合会(JF共済(きょうさい))の生活
総合共済(きょうさい)・くらしは、、保障
内容も充実しており、、
自然災害時の共済(きょうさい)金に
合せて、、それに伴う臨時
費用や失火見舞費用
共済(きょうさい)金なども共済(きょうさい)の中に組み込まれています。。

 

共済(きょうさい)のメリット・デメリット

 

共済(きょうさい)には、、県民共済(きょうさい)・都民共済(きょうさい)
のほかにCOOP共済(きょうさい)、、全労済、、
JA(じぇいえい)共済(きょうさい)があります。。
共済(きょうさい)全体のメリットは、、加入の
方法が簡単で掛け金が安く
抑えられるところです。。

 

 

また、、特約として任意で、、
自然災害による万が一の
場合のケガによる後遺
障害の保障も付ける事が
出来ます。。

 

また、、「せるふけあ」では、、
ケガ重点保障タイプと言う、、
ケガへの保障を更に
高めたプランが選べるようになっています。。

 

退職金制度の重要性
意欲、、生産性の向上に
長く勤めればまとまった
退職金をもらえることが、、
従業員の仕事への意欲を
いっそう向上させ、、その結果、、
企業の活力と生産性の
向上をもたらします。。

 

人材の安定確保に
優秀な人材を確保
することは、、企業に
とって重要なことです。。

 

加入するには、、加入
対象を満たす状態で
あれば、、雇用開始の
日から自動的に適用
になり、、強制加入となります。。

 

この他にも、、期間限定で、、
加入者サービスが行
なわれている事もよくあり、、
共済(きょうさい)・保険でここまで特典
がついているのは、、都民
共済(きょうさい)だけではないでしょうか。。

 

障害共済(きょうさい)年金の支払金額は
、、厚生年金相当額と職域
加算額を足した額で決定します。。

 

 

しかも、、共済(きょうさい)自体の掛け
金も安く、、保障内容も
充実しているので、、
東京にお住まいの方で共済(きょうさい)・
保険を検討されている方は、、
都民共済(きょうさい)も
候補として入れてみては
いかがでしょうか。。

 

CO・OP共済(きょうさい)(コープ共済(きょうさい))は、、
安心で質のいい食品を届ける
ことをモットーとしている生協
が行っているサービスです。。

 

共済(きょうさい)は2004年で20周年を
迎え、、加入者も主婦層を
中心に約490万人にも増えました。。

 

CO・OP共済(きょうさい)で人気がある
商品は、、「たすけあい」という
定期の医療保障が中心の
共済(きょうさい)と、、 「あいぷらす」という
定期の死亡保障が中心と
なった共済(きょうさい)です。。

 

JA(じぇいえい)の定期医療共済(きょうさい)
「せるふけあ(はなこ・
わんぱくまん)」は、、
女性とお子さん向けの
手ごろな掛け金が特徴の共済(きょうさい)で、、
ケガによる医療の保障を
中心にサポートしてくれます。。

 

医療共済(きょうさい)は、、JA(じぇいえい)の中でも
特約を含めるとたくさん
ラインナップされていますが、、
この「せるふけあ
(はなこ・わんぱくまん)」は、、
女性とお子さん向けという事もあり、、
特に、、女性の命とも
言うべき顔と、、育ち盛りな
活発なお子さんに多い骨折での
ケアを更に手厚く
保障してくれます。。

 

顔面損傷時が50万円、、
骨折時が5万円と共済(きょうさい)金を
多く受け取る事が出来き、、
それ以外にも、、入院、、
手術もサポートしてくれます。。

 

商工会議所の経営者
年金共済(きょうさい)制度とは、、
事業主のための退職金・
年金制度です。。
また、、事業資金として
運用出来る制度でもあります。。

 

「たすけあい」(定期の医療
保障が中心の共済(きょうさい))は、、子ども
のための「ジュニア18コース」や、、
女性のための「女性コース」、、
医療保障を充実させた
「医療コース」など目的別に
選ぶことができます。。

 

 

特に、、充分な社会保障が
無い個人事業主にとっては、、
メリットの大きい制度で、、
経営者年金共済(きょうさい)制度に
加入しておけば、、国民年金と
合せて経営者年金共済(きょうさい)
からの年金も支給されるので、、
安心して老後に備える事が
出来ます。。

 

加入資格は、、各自の
エリアの商工会議所の
会員事業所の事業主
(家族専従者、、役員なども含む)で、、
15歳から65歳までであれば
加入する事が出来ます。。

 

教職員共済(きょうさい)生活協同組合の
年金共済(きょうさい)の積み立て方は
、、組合員のニーズに応じて、、
年金の積み立て方を
選べるようになっている
ため、、今回はその中の
“B型”と呼ばれるパターンを
ご紹介します。。

 

 

私学共済(きょうさい)制度も、、公務員や
郵政公社の組合と同じように、、
一般の共済(きょうさい)では無い
ような給付もたくさんあり、、
退職などによって資格を
失効しなければ、、
加入の日から一生涯、、
手厚いサポートを
してくれるメリットの
大きい共済(きょうさい)です。。

 

さらに、、「たすけあい」に
最高一億円の保障をもつ
「個人賠償責任特約」を
つけることもできます。。

 

「個人賠償責任特約」は、、
2004年の商品改定に
よって月々わずか100円で
追加することができるようになりました。。

 

「あいぷらす」は、、
最高2000万円の死亡
保障がついた期間10年の
共済(きょうさい)で、、日額1万円の入院
保障もつけることもできます。。

 

一家を支える父親に万が
一のことが起こったときに
備える共済(きょうさい)です。。

 

 

退職後の安定に
老後の生活安定や
第2の人生を有意義に
過ごす資金として、、退職金は
なくてはならないものです。。

 

掛け金は、、各商工会議所
によって、、若干の差は
ありますが、、月5000円から
約10万円までと、、
各事業主の状況によって
掛ける事が出来ます。。

 

年金の開始時期は、、国民
年金が65歳から受給
開始に対して、、
経営者年金共済(きょうさい)は70歳
くらいと遅めの開始と
なっているようです。。

 

法律で定められている
「賃金の支払いの確保等に
関する法律」(賃確法)では、、
事業主は退職金の原資を
保全する措置を講ずる
よう努めなければなら
ないとされています。。

 

制度化で信頼関係を
企業が退職金規定
等を定め、、制度化する
ことは、、従業員にとって
退職金が約束されたこと
となり、、企業と従業員の
信頼関係が深まります。。

 

CO・OP共済(きょうさい)は、、短期で
わかりやすい商品を備えて
いるので経営が健全である
ことが人気の秘密です。。

 

共済(きょうさい)と同じような
イメージのものとして、、
「生命保険」があります。。

 

共済(きょうさい)も保険の機能が
ありますので、、基本的な
掛け金を支払い、、
万が一の保障を受け取る
という部分では、、同じです。。

 

では、、何が違うのかというと、、
保険は「不特定多数」を
対象とするのに対して、、
共済(きょうさい)は、、職域や地域を
限定するという特徴があります。。

 

 

たとえば、、毎年の掛け金から
共済(きょうさい)金や事業経費を引いて
余った分を積み立てに回して
備えています。。

 

 

都民共済(きょうさい)の加入者
サービスは、、ブライダル
プランだけではなく、、
他にも様々な加入者に
嬉しいサービスがあります。。

 

短期の共済(きょうさい)のメリットは、、
民間の保険会社のように
経営不振の材料になる
逆ざやが発生しないことです。。

 

毎年、、集めた掛け金から
共済(きょうさい)金の支払いや経費分を
抜いた残りを「割戻金」と
して加入者に還元しています。。

 

実は、、都道府県民共済(きょうさい)は、、
厚生労働省によってその地域
以外に宣伝してはいけないと
いう決まりがあります。。

 

そのため、、他の地域の人が
見る可能性のあるCMや
ラジオでは流されません。。

 

しかし、、新聞や街角の
チラシと、、さらに口コミで
広がっています。。

 

 

サービス内容は、、
・指定店でのオーダースーツの
激安販売
・指定の大手旅行代理店の
旅行プラン割引き
・カリモク家具の激安販売
・指定のカタログギフト全品30
パーセントオフ
・都民共済(きょうさい)のこども型に
加入されている方限定・専任講師に
よる無料学習相談センターの利用
・医師・看護師などの専門医に
よる24時間365日対応の
無料健康相談ダイヤル
となっています。。

 

また、、共済(きょうさい)は「無許可共済(きょうさい)」も
あるので、、その実態が
不透明で法の縛りを
受けない事もあって、、
不安定であるとのイメージが
あると思います。。

 

しかし、、保険業法の改正で、、
保険会社のミニ版の様な
参入要件が必要になって、、
今後は淘汰されます。。

 

 

県民共済(きょうさい)・都民共済(きょうさい)・道民共済(きょうさい)・
府民共済(きょうさい)・全国共済(きょうさい) と言った
消費者生活共同組合法に
準じた、、きちんとした「共済(きょうさい)」の
情報が欲しいのだと思います。。

 

“B型”は、、契約成立時点で、、
満75歳未満までの
組合員又はその配偶者が
対象となるもので、、
死亡保障や障害保障
(家族福祉年金掛金)などが
付いていない代わりに、、
年金の積み立て一本に
徹していて、、積み立て
方法の中でも、、一番
年金原資が貯蓄出来る事から、、
教職員共済(きょうさい)生活協同組合の
組合員の中では、、
一番人気がある積み
立て方法となっています。。

 

県民共済(きょうさい)は、、職場の
同僚同士でお互いに死亡
見舞金を送ったことが
元となって生まれました。。

 

都民共済(きょうさい)とは、、月々少ない
掛け金で子供のケガや
病気による入院、、通院、、死亡、、
場合によっては手術費用、、第三者
への損害賠償を保障するもので、、
「0〜満17歳の健康な子供」が
加入対象者となっています
(保障期間は0〜18歳)。。

 

 

 

都民共済(きょうさい)の商品は加入条件を
満たした方の年齢によってに
よって様々用意されています。。

 

0歳から17歳までのこども型共済(きょうさい)、、
月々1000円か2000円の掛け
金で入院・通院・死亡保証があります。。

 

 

 

また、、都民共済(きょうさい)は加入者の
過失による第三者への損害賠償
にも対応してくれるので、、元気盛り
のお子様には安心の内容ですね。。

 

生命共済(きょうさい)は4種類で、、
こども型、、生命型・入院型、、
熟年型があります。。 主力製品
である生命型・入院型は、、割安な
掛け金で保障を受けることができます。。

 

たとえば都民共済(きょうさい)では、、人気の
ある入院2型の場合、、
月々2000円ほどの掛け金で、、
入院5日目から、、ケガ5000円、、
病気4,500円入院保障が
受けられます。。

 

ただし、、入院保障は
入院5日目以降が対象です。。

 

 

そして、、東京都では
「都民共済(きょうさい)」、、大阪府や
京都府では「府民共済(きょうさい)」、、
北海道では「道民共済(きょうさい)」、、
神奈川県では「全国共済(きょうさい)」、、
そして他の県では「県民共済(きょうさい)」
という名前で実施されています。。

 

都道府県民共済(きょうさい)は、、シンプルな
商品と割戻し率が良いことが
人気の秘密です。。

 

また、、保険金の支払いもとても
スピーディで、、早ければ請求した
翌日には支払われます。。

 

契約件数でも超大手の
日本生命を抜いてしまったそうです。。

 

 

月々の掛け金は、、5000円から
となっており、、内訳は
先ほどの説明にあるように、、
掛けた金額がほぼ
そのまま年金純掛け金に
回るようになっています

 

私学共済(きょうさい)制度は、、
学校法人等で行なわれて
いる、、職員等のための
共済(きょうさい)で、、
医療保障、、各種年金などに
加えて、、私学共済(きょうさい)制度
独自の各種給付が
行なわれてます。。

 

満18歳から満59歳までは総合
保証型で月々1000円か2000円、、
更には4000円の掛け金で様々な
保証がされます。。

 

 

 

都民共済(きょうさい)は、、請求手続きも
簡単でスピーディーに支払いされるので、、
とても便利です。。

 

更には500円から2400円の掛け
金をプラスすることにより生命
特約コースに加入でき、、がんや
介護や三大疾病に備えた手厚い
保証をニーズに合わせて加入
すること出きます。。

 

 

加入対象者は、、学校法人と
雇用関係を正式に
結ぶ正職員で、、
非常勤などの職員なども、、
一定の勤務時間を満
たしていれば対象となります。。

 

都道府県民共済(きょうさい)の代表的な
商品が、、生命共済(きょうさい)と新型
火災共済(きょうさい)です。。

 

生命共済(きょうさい)は、、年齢や性別に
関係なく掛け金が一緒で、、
保障期間もすべて1年と
短期になっています。。

 

臨時職員や副業
としての勤務、、一定の
勤務時間を満たして
いない非常勤の職員は
対象となりません。。

 

制度のしくみ
中退共制度は、、
法律で定められた
社外積み立て型の
退職金制度です
@事業主が機構・中退共と
退職金共済(きょうさい)契約を結びます。。
後日、、共済(きょうさい)手帳を送付します。。
A毎月の掛金を金融機関に
納付します。。掛金は
全額事業主負担です。。
B従業員が退職したときは、、
その従業員の請求に
基づいて機構、、中退共から
退職金が直接支払われます。。

共済(きょうさい)の特徴関連エントリー

いろんな共済(きょうさい)
いろんな共済(きょうさい)について。。